本部企画

建築文化週間2014 建築夜楽校2014 東京オリンピック2020から東京を考える

東京オリンピック2020を建築的、都市的それぞれの視点から読み解きながら、東京そのものについても考える。第1夜目は、建築的視点からオリンピックと東京を考える。新国立競技場計画は、国際コンペのあり方から巨大建築物の更新と景観・環境・歴史の関係にいたるまで、実に多くの問題点を提起した。立場の異なる複数の視点から総合的な議論を展開することで、新国立競技場論を、オリンピック東京論へと接続させていく。第2夜目は、都市的視点からオリンピックと東京を考える。オリンピック後の本格的なグローバル競争に向けて、東京はどのような政策を打ち出し、建築家や専門家はどのようにそれに答えるべきか。オリンピック以後を見据えて東京の将来像を議論し、建築家、専門機関、非営利職能団体の役割を討議する。


第1夜:「新国立競技場の議論から東京を考える」
日 時 2014年10月1日(水)18:00~20:30(開場 17:30)
会 場 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20) 
登壇者 槇 文彦(建築家、槇総合計画事務所代表)
内藤 廣(建築家、内藤廣建築設計事務所代表、東京大学名誉教授)
青井哲人(建築史家、明治大学准教授)
浅子佳英(建築家、インテリアデザイナー)
コメンテーター 五十嵐太郎(建築批評家、東北大学教授)
モデレーター 松田 達(建築家、東京大学助教)
定 員 300名
問合せ 第1夜の案内 http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2014/yagakko20141001.pdf
関連情報 ・新国立競技場関連記事データベース http://shinkokuritsu-database.jimdo.com/
新国立競技場問題「論点」と「メモ」(松田達作成)
パブリック・ビューイング
会 場 建築会館イベント広場
実 況 田中元子(mosaki)
解 説 森山高至(建築エコノミスト)、松島潤平(松島潤平建築設計事務所)
定 員 300名(椅子なし)
申込み HPより申し込む https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=926
動画配信 http://www.ustream.tv/channel/yagako2014-01
関連情報 ・新国立競技場関連記事データベース http://shinkokuritsu-database.jimdo.com/
新国立競技場問題「論点」と「メモ」(松田達作成)

第2夜:「オリンピック以後の東京」

日 時 2014年10月9日(木)18:00~20:30(開場 17:30)
会 場 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20) 
パネリスト 市川宏雄(都市政策、明治大学教授)
白井宏昌(建築家、H2R architects共同代表)
為末 大(プロ陸上競技選手)
コメンテーター 中島直人(都市計画、慶應大学准教授)
五十嵐太郎(建築批評家、東北大学教授)
モデレーター 藤村龍至(建築家、東洋大学講師)
定 員 300名
申込み HPより申込む https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=888
動画配信 http://www.ustream.tv/channel/yagako2014-02

関連企画展覧会
「東京オリンピック2020から東京を考える」展

会 期 2014年10月1日(水)~10月13日(月・祝)10:00~19:00(土日祝日は17時まで)
会 場 建築博物館ギャラリー(東京都港区芝5-26-20) 
出展者 槇文彦/伊東豊雄/田根剛(DGT)/森山高至/青井哲人+明治大学青井哲人研究室/オリンピック選手村代替案(浅子佳英)
オルタナティブ・オリンピック(門脇耕三/谷尻誠/長坂常/永山祐子/羽鳥達也/松田達/トウキョウ建築コレクション)
NeXtokyo(森俊子/森浩生/藤村龍至/古市憲寿/楠本修二郎/スプツニ子!/梅澤高明)
プロジェクトGDZ(門脇耕三/川添善行/南後由和/藤村龍至/古澤大輔/松川昌平/水野学)
キュレーション 松田達 藤村龍至
協 力 日本スポーツ振興センター(新国立競技場ザハ・ハディド案及び周辺模型提供)
入場料 無料
関連情報 新国立競技場関連記事データベース http://shinkokuritsu-database.jimdo.com/

東京ウォッチング2014「駒沢」

2020年の夏季オリンピック開催地は東京に決まった。東京中心部がオリンピック開催を目指し大きく形を変えつつある中で、今回の東京ウォッチングは1964年東京オリンピックの拠点のひとつとなった駒沢に目を向けたい。
竣工から50年を迎え、前回五輪を第二会場として支えた駒沢オリンピック公園の体育施設も老朽化が激しい。次回五輪ではメイン施設に指定されなかったこともあり、東京都民のスポーツの場、そして憩いの場として駒沢もこれからゆるやかに形を変えていくことになってゆく。
更に駒沢オリンピック公園の周辺には歴史の一端を伺わせる多くの施設の痕跡が残る。その跡地や記憶をたどり、2020年を見通すための補助線を前回五輪の拠点を見ることから考えていきたい。
日 時(予定) 2014年10月27日(月)13:00~17:00
見学対象(予定) 駒沢オリンピック公園(駒沢陸上競技場、屋内体育館、東京オリンピックメモリアルギャラリー、記念塔等)
講 師 小笠原 伸(白鴎大学経営学部教授/都市論)
中谷 正人(中谷ネットワークス代表/編集者)
田中 元子(mosaki)
定 員 30名(申込制/応募多数の場合抽選)
参加費 無料
申込み HP「催し物」欄参照 http://www.aij.or.jp/index/?se=sho&pid=579

学生ワークショップ2014
「shrinking Japan, expanding Architecture -21世紀型建築学生セッション-」

私たちは今新しい建築の時代を前にしている。最早「建築」はかつての領域にとどまらず、新しい「建築の職能」が萌芽しはじめた。それは建築であるのか。建築ではないのか。無垢である学生だからこそ、この境界を模索し、自分の建築観を純粋に確立していくことが出来る。この会の趣旨は、「今後の建築界を担うまだ何者でもない学生が、建築にとどまらず様々な分野で活躍するクリエイター【POST-ARCHITECT】と共に様々な来訪者と、これからの建築とは何かを考えること」である。
建築会館の広場を中心に全国の学生団体がそれぞれの活動録と共に、建築の明日を表現し、【POST-ARCHITECT】に投げかけ、語り合う。全国各地の色と様々な分野の色がトークイベントやワークショップにより混じり合い、それぞれの建築観を可視化させる。それらが48時間を通して田町に凝縮し、そしてイベント後、距離的にも、分野的にも全国に拡散していく。
建築は我々が活動するすべてに添えられる。建築をもっと身近に。
日 時 2014年9月27日(土)~28日(日)
会 場 建築会館(東京都港区芝 5-26-20)
イベント広場、会議室、ギャラリー 
ゲスト 豊田啓介(Noiz Architects)
齋藤精一(ライゾマティクス)
松田 達(東京大学助教)
田中元子(mosaki)
岩岡孝太郎(ロフトワーク)
藤代健介(prsm)
プログラム 全国の建築学生団体による活動展示(建築学生団体の過去・現在)やトークイベント(建築学生団体の未来)
POST ARCHITECT×建築学生団体のコラボによるワークショップ・トークイベント
交流イベント
参加団体 トウキョウ建築コレクション2015, esquisse, 学生団体SNOU, 建築学生サークル♭,関西建築サークル♯, 広島建築団体scale, wunit design studio, 富山大学建築サークルACT, 仙台建築都市学生会議, 卒、15, colors, tonica, wa-k, NAF, デザイン女子No.1決定戦2015NAGOYA, Diploma×KYOTO’15, 北海道組, 東海大学サークルTAC,シアターナイト2014、大同大学けんけん,前橋工科大学まちづくりサークル『えん』ほか多数
問合せ 学生WS2014実行委員会 studentws2014@gmail.com
詳細は、HP http://studentws2014.com 参照

学生グランプリ2014「銀茶会の茶席」

日本建築学会では、実際に使用される建築物を設計、制作する機会を建築を学ぶ学生の皆さんに提供する。ここでは全銀座会からの依頼を受け、10月に銀座通り周辺で開催される「銀茶会」*の中で実際に使用される創作茶席の設計・製作案を募集する。設計課題等の授業のように設計した課題に対して講評を受けるだけに留まらず、依頼者のために誠意ある提案を行い、設計者に選定された場合は責任をもって実施設計と製作を行う。これらの経験を通じて、同世代の仲間との交流や建築のおもしろさ、難しさを是非体験してもらいたい。

*「銀茶会」は、年に一度、銀座通りの周辺にお茶席を設けて行われる野点大茶会である。当日は、表千家、裏千家、武者小路千家、江戸千家、遠州流茶道の五流派のお茶席のほか、点茶の体験コーナーがあり、2014年で13回を迎える。2009年から、学生の設計・製作による創作茶席を展示・使用している。

第二次審査会 2014年10月8日(水)14:00~16:00
会 場 建築会館イベント広場にて公開審査 
銀茶カフェ 10月20日(月)~11月1日(土)
(応募作品展示 於:ART FOR THOUGHT 中央区銀座8-10-4和孝銀座8丁目ビル1F)
銀茶会 10月26日(日)
(実施作品展示10月23日(木)~10月27日(月)於:東京 銀座三越新館 9階テラス)

カルチベートトーク「学会賞とは何か」
日本建築学会賞受賞建築作品集 1950-2013の刊行記念

日 時 2014年9月26日(金)18:30~20:30
会 場 建築書店(東京都港区芝 5-26-20)
登壇者 古谷誠章(早稲田大学教授)
大森晃彦(建築メディア研究所)
倉方俊輔(大阪市立大学准教授)
モデレーター 五十嵐太郎(東北大学教授)
申込み HPより申し込む https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=928
Copyright 2014 ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
top