KENCHIKUトップ > コンペ > コンペ一覧 > 第12回 シェルター学生設計競技2010 募集要項 Shelter Student Architectural Design Competition 2010
 コンペ情報
この記事についてtwitterでつぶやく

第12回 シェルター学生設計競技2010 募集要項
Shelter Student Architectural Design Competition 2010
 
課 題 「原始の小屋」

出題:千葉学

「原始の小屋」、これはかつてロージェが「建築試論」の口絵に描いた建築の原型的なイメージです。簡素な木材で作られた柱と梁によって生み出された空間、それが建築の本質であるとしたのです。確かにこの絵は、様式や装飾をそぎ落とした空間によって、建築の向かうべき明確な方向性を示してくれたわけです。しかし今改めてこの絵を眺めてみると、それは「原始の小屋」というには少々形式的すぎるようにも見えます。それはもちろん建築をとりまく状況が現代とは大きく異なるからでもあるでしょうし、また「原始の小屋」という言葉から想起されるイメージが、時代とともに常に変化しているからでもあると思います。
そこで、今の時代における「原始の小屋」を、木を使って構想してみて下さい。具体的な場所と具体的な使われ方をイメージした上で、あなたにとっての「原始の小屋」を、木の空間を通じて提案して下さい。どんな都市、どんな土地のどんな場所に「小屋」を作るのか、またどんな使われ方の、どんな空間が「原始」なのか、自由に考えてみて下さい。
それは、今の時代における「原始」のイメージを想起できるものであると同時に、これからの建築の可能性を押し広げてくれるものでなくてはなりません。皆さんの創造的で楽しい提案を期待しています。
一次審査予定日 2010年10月16日(土) 株式会社シェルター本社(山形)
最終審査予定日 2010年12月12日(日) 代官山ヒルサイドテラス
審査員 【審査委員長】
千葉 学 (建築家/東京大学准教授)
【審査委員】
トム ヘネガン(建築家/東京藝術大学教授)
中田 千彦 (建築家/宮城大学准教授)
古谷 誠章 (建築家/早稲田大学教授)
元倉 眞琴 (建築家/東京藝術大学教授)
※五十音順・敬称略
表 彰
◎最優秀賞 (原則1作品) 賞状・50万円
◎優秀賞 (原則1作品以内) 賞状・各20万円
◎入  選 (原則3作品以内) 賞状・各5万円
◎奨励賞 (若干名) 賞状・賞品
応募資格 ・ 大学等教育機関の学生であること。(2010年12月12日現在、在学中であること。)
※大学教育機関とは、大学院・大学・(短期)大学校、高等専門学校・各種専門学校を指します。
・ 12月12日(日)の公開プレゼンテーションに参加できること。
応募方法
[1]   HP上での事前エントリーが必要です。(URL http://www.ssac-office.com
[2]   エントリー完了後、事務局からメールが届きます。
そのメールを印刷して作品の裏面右下に貼り付け、また作品の表面右上にエントリーナンバーを記入し郵送してください。
※Eメールでの受付は致しません。※作品を折り曲げないで下さい。※作品は返却いたしません。
[3]   記入例はHPを参照。

・用紙   A2用紙1枚(594mm×420mm 縦横問わない)に下記の内容をまとめること。 
紙質は自由。パネル化しないもの。
・内容   提案の意図を表現する図面及び説明文。
縮尺、表現方法は自由。未発表の作品に限ります。
(エントリー・提出方法の詳細はHPをご覧下さい。)
提出締切 2010年9月24日 当日消印有効
(遅くとも10月15日(金)には提出先に届くこと)
審査形式
結果発表
10月16日(土)に一次審査を行い、入選者及び奨励賞を決定します。審査結果はHP上で発表します。入選者には、12月12日(日)に公開プレゼンテーションをしていただき(日本語か英語で行うこと)、各賞を決定いたします。入選作品はHPやその他メディアに掲載します。
※公開プレゼンテーションでは、A1サイズの作品を別途ご用意いただきます。
プレゼンテーションをしていただく入選者の交通費、宿泊費は代表者一名分を支給する予定です。
提出先
問合せ
株式会社シェルター 「シェルター学生設計競技2010」事務局
〒990-2473 山形市松栄1-5-13
TEL:023-647-5300  FAX:023-647-5150
URL:http://www.ssac-office.com
E-mail:shelter@ssac-office.com
※お問合せはメールにてお願いいたします。
主 催 株式会社シェルター

新着関連情報

新着新着情報

新着まもなく終了

新着Feed Back