KENCHIKUトップ > イベント > 展覧会・企画展 > 昭和の名作住宅に暮らす 次世代に引き継ぐためにできること 吉村順三、吉田五十八、前川國男による三つの住宅
 展覧会・企画展
この記事についてtwitterでつぶやく

昭和の名作住宅に暮らす
次世代に引き継ぐためにできること
吉村順三、吉田五十八、前川國男による三つの住宅
     
開催趣旨 このたび、吉村順三、吉田五十八、前川國男が設計した三つの名作住宅をとりあげ、展覧会を開くことになりました。

どの住宅も、現在、保存・継承の問題に直面し住み継いでくださる方を探しています。本展覧会を通して、この三つの名作住宅の「住まい」としての魅力を多くの方々に知っていただき、保存を前提に購入してくださる方を募ると同時に、こうした名作住宅を次世代に引き継ぐための仕組みづくりに取り組んでいきたいと考えています。

※展覧会会期中、見学会、シンポジウム、レクチャー等も予定しております。

新前川國男自邸


旧倉田邸


自由が丘の家

(撮影:齋藤さだむ)
出品作品 ・ 自由が丘の家(園田高弘邸)(吉村順三、1955年、目黒区緑が丘)
・ 旧倉田邸(吉田五十八、1955年、世田谷区玉川田園調布)
・ 新前川國男自邸(前川國男、1974年、品川区上大崎)
会 期 2012年9月21日(金)〜10月21日(日) 木〜日曜日13:00〜18:00開廊
会 場 ガレリア・アビターレ(設計:堀部安嗣)
(東京都世田谷区玉川田園調布2-13-1-101)
http://www.chousing.info/CH-JA/
同時開催 ▼オープニング・レセプション
日時:9月21日(金)18:00〜20:00
会場:ガレリア・アビターレ
申込:要申込(9/15まで)
当日連絡先:03-5483-3335(コミュニティー・ハウジング)
      090-2407-3191(吉見)


▼見学会 
「旧倉田邸」(大歳寛邸)
日時: 9月21日(金)15:00〜17:30
   10月20日(土)14:00〜16:00
「自由が丘の家」(園田高弘邸)
日時: 9月29日(土)14:00〜16:00
   10月13日(土)14:00〜16:00
申込:要申込、定員20名/各回、申込先着順
会費:2,000円


▼サロントーク
日時:9月30日(日)15:30から(開場15:00)
会場:「自由が丘の家」(園田高弘邸)
話し手:桐島洋子&桐島かれん
司会:松隈章
申込:要申込、定員50名、申込先着順
会費:3,000円


【申込方法】
メールのタイトルに[イベント名]をご明記の上、
[お名前、所属、電話番号、人数、希望日時]を下記までお知らせください。
〔申込・問合先〕
Email:jyutakuisan@gmail.com
Tel:03-5483-3335(コミュニティー・ハウジング)
主 催 住宅遺産トラスト「昭和の名作住宅に暮らす」展実行委員会
伊藤雅春、木下壽子、木村常在、小西玲子、新堀学、清家剛、田村誠邦、富田玲子、野沢正光、林泰義、松隈章、森かおり、山中新太郎、山本秀代、吉見千晶
監 修 野沢正光、松隈洋
写 真 齋藤さだむ
映 像 吉村行雄
協 力 飯塚温子、尾関雅子、園田春子、E.コール、大井隆弘、吉村隆子、天野伸弥、馬場未織、長島早枝子、森桜、吉村順三記念ギャラリー、東京藝術大学大学美術館、前川建築設計事務所、自由が丘振興組合、自由が丘まちづくり会社ジェイ・スピリット、NPO法人地域再創生プログラム、NPO法人玉川まちづくりハウス
後 援 日本建築学会、 公益社団法人日本建築士会連合会、社団法人日本建築家協会関東甲信越支部、 DOCOMOMO Japan、 Head研究会
問合せ jyutakuisan@gmail.com
Facebook http://www.facebook.com/heritagehousing